ボトックスとはどんな薬?

注射器

ボトックスは元々毒だったってホント?

美容外科で人気の高いボトックス注射ですが、正式名称は「A型ボツリヌストキシン」と呼ばれるものになります。ボツリヌストキシンと聞くとサスペンスドラマなどでよく聞く「毒」を思い描く方も多いかと思います。ボトックス注射とはこのボツリヌストキシンとはその毒性が高い薬剤を使用して行われる美容施術になります。しかし、そのまま使用してしまうと人体に有害なものとなるため、研究により「毒素だけを無効化」する事に成功したのがこのA型ボツリヌストキシンになるのです。ボツリヌストキシンには通称強力な毒素以外にも「神経伝達の妨害」「筋肉の弛緩」があります。この事から強力な神経毒とも言われているボツリヌストキシンですが、きちんと毒抜きを行う事で医療でも使用される薬剤となりました。この注射は美容だけでなく、顔面痙攣の治療にも使われる保険承認された薬剤でもあります。元々はシワ取りなどで使われていた薬剤になるのですが、技術が進化していく事で「エラ削り」にも使用できる事が判明しました。エラ周りにある顔の筋肉を麻痺させる事で筋肉の動きを最低限に抑える事で顔を小さくさせる事が可能となりました。この効果のおかげで今までは顔にメスを入れなければ小顔整形は難しいと考えられてた美容外科に、外科処置を行わない小顔施術が誕生したのです。しかし、治療用として改良されたとはいえ、元々とても強力な毒素を含んでいた毒薬になりますので、使いすぎてしまうと副作用が発生してしまう事もあります。そのため、使用する際には医師と相談した上でどれくらいの量を使用するのか、他にもボツリヌストキシンの製剤と共に使用していないかもチェックが必要になります。過剰に使用してしまうと筋肉の麻痺が強くなってしまい、顔の皮膚や筋肉がたれてしまう原因にもなります。最悪の場合には呼吸困難等の重大な障害が発生してしまうリスクが高まってしまう事もありますので、医師に任せておくだけでなく自分自身でも施術に関しての知識を学ぶ事が大切になります。また、きちんと分量を設定しても体質によっては少量でも副作用が出てしまう恐れもありますので、そうなった場合の対処なども打ち合わせをしておく事が重要です。また、施術を行った後で問題が発生した場合はすぐに担当した医師に申し出を行い、状態確認を行わせましょう。

Copyright© 2019 少ないけど潜んでいる!ボトックスの副作用を知ろう! All Rights Reserved.