トラブル回避のポイント

医者

病院選びからチェックスタート

小顔になりたいと考えてボトックス注射が出来るクリニックを探して、カウンセリングを受ける前にボトックスの副作用について調べるという方も多く居ます。しかし、実はボトックス注射のトラブル回避ポイントは病院選びから始まっているとされています。ボトックスでの副作用の多くが薬剤の過剰・不足によるものが原因となります。この原因は医師の技術不足、知識不足が大きいと言われています。外科的処置ではなく、注射を行うことで簡単に小顔施術を受ける事ができる方法だからこそ、クリニックの中には経験を積むためにあえて未熟と言われる技術・知識のドクターが施術を行うという場合もあります。この場合にはベテランの医師が同席する事で投与される薬剤の量を調整し、トラブルのないような流れを作りますが、それでもトラブルに繋がってしまう点が多々あります。その事から、病院を選ぶ際に担当する医師の過去の施術回数・施術成功数・失敗した際の原因などがはっきりと確認できるクリニックを見つける必要があります。その他にも使われているボトックスの製剤にも注目しなくてはいけません。日本で使われているボトックス製剤の殆どが海外からのものになります。大手のメーカーであれば安全性も高く、また公式サイトなどを通じてどのような加工工程、配達経路、加工日なども簡単に確認する事が可能になりますが、大手メーカーでない場合は注意が必要になります。中には毒抜きの工程がしっかりと施されていないもので、正しい分量を注入しても過剰に副作用が出てしまう恐れなどがあります。また、大手のメーカーで取り扱われている製剤であったとしても、時間が経つとどうしても劣化などが出てしまう事があります。万が一クリニックに足を運んだ際に使用する薬剤の説明で保管している箱がボロボロであったり、パッケージが日焼けなどで劣化しているなどの場合は取り寄せた日などを確認する事が大切です。確かに医師にそういった点を質問するのはなかなか勇気が必要な事ですが、こういった確認を怠った場合に副作用が出てしまうと自分自身が損をしてしまいます。最悪の場合、大きな後遺症が残ってしまう原因にも繋がりますので、疑問に思ったポイントはしっかりと質問していきましょう。多くのクリニックがカウンセリングを受けたら必ず施術を受けなくてはいけないというスタンスを取っているわけではないため、この時にクリニックを変更するのもいいかもしれません。

Copyright© 2019 少ないけど潜んでいる!ボトックスの副作用を知ろう! All Rights Reserved.